ジャパンストックトレードから学びを得る|冷め止まぬ探究心

海外口座でのFX

PCを触る人

海外口座と国内口座

FXでは、日本国内の業者に口座開設し取引を行う国内口座と、海外の業者に口座開設する海外口座があります。基本的には同じなのですが、大きく違う点が2つあります。1つ目はレバレッジに関してです。日本国内の業者では、個人の場合、法律上レバレッジは25倍までと定められています。海外の業者では、そのような規制がないためレバレッジ800倍というような業者まであります。このメリットとしては、少ない資金でも大きな利益をだすことが可能な点です。もう一つは、ゼロカットについてです。国内業者では、このゼロカットシステムを採用していないため、大きな損失が出た場合追加証拠金が必要になり、これが足りないと借金を負うことになります。しかし、海外口座であれば、これが必要なくどんなに損失を抱えてもリセットで0円になるため、借金を負うということは決してありません。

今後の動向

海外FXは今現在、人気になってきています。口座開設に関して難しそうに感じる方もいらっしゃるとは思いますが、多くの海外FXの業者には日本語でサポートを行える担当がいます。また、昔とは違い個人でも情報を集めやすくなったこと、様々なテクニカルという取引の参考になるものが個人でも扱えるようになったことから、ほぼプロの人と同じ環境で取引を行うことが可能となりました。このことから、FXに興味を持つ個人の人々は今後も増えていくと思われます。少しでもFXに興味がある方は、海外FXでの口座開設を参考にしてみてはいかがでしょうか。海外FXでは、様々なボーナスシステムを設けている業者も多いため、比較検討してみることをオススメします。